7種類のサービスロボットとおすすめのメーカー6社をご紹介
  • 最終更新日:2024年7月2日
サービスロボットとは、小売店や飲食店などのサービス業界で使用されるロボットの総称です。

これらのロボットは、人手不足の解消や顧客サービスの向上を目的として、多くの企業で導入が進んでいます。

接客ロボットのPepperや飲食店の配膳ロボットなど、私たちの日常生活でも見かけることが増えてきました。

本記事では、さまざまな種類のサービスロボットやその市場規模、活用事例、導入に伴う課題などを詳しく解説します。

サービスロボットとは

サービスロボットの概要

サービスロボットとは、人間の生活の質を向上させるために開発されたロボットで、産業用ロボットとは異なり、人間の支援を目的としています。これらは、日常生活やサービス業界での様々なタスクを自動化し、効率化することを実現します。

サービスロボットの種類には大きく分けて、屋内用と屋外用(フィールドロボット)があります。屋内用ロボットは、家庭や医療施設、商業施設などで使用され、清掃、介護、配膳、受付などの業務を行うことが多いです。一方、屋外用ロボットは、農業、災害対応、建設などの分野で活用されています。

それぞれの種類について、次のセクションでより詳しくみていきましょう。

7種類のサービスロボットと活用場面例

サービスロボットの種類と使い方、事例

サービスロボットには様々なものがありますが、メジャーなサービスロボットとして以下の7種類が挙げられます。

  • 配膳ロボット
  • 配送・運搬ロボット
  • 医療ロボット
  • 受付ロボット
  • 警護ロボット
  • 清掃ロボット
  • フィールドロボット

配膳ロボット

配膳ロボットは、主に飲食店やホテルなどで、お客様に自動で配膳する役割を担うロボットです。

これらのロボットは、注文された料理やドリンクを運搬し、あらかじめ決められた場所(テーブル)に自動的に移動する。配膳中はセンサーで障害物や人を検知して安全に回避・停止します。

配膳ロボットを導入するメリットとして、以下のものがあげられます。

  • 人間よりも多くの量を配膳ミスなく安全に運べるため、提供スピードが向上
  • 急な欠勤や採用難航が原因の人手不足を緩和
  • ロボットの存在が新たなコミュニケーションを生み、顧客満足度を向上させ、売り上げアップにつながる

配膳ロボットは、特に飲食店などでの配膳作業に特化しています。

配送・運搬ロボット

自動配送ロボットは、物流拠点や小売店舗などで様々な荷物や商品を配送するために設計されたロボットです。

EC市場の拡大などにより宅配需要が急増している中、物流分野の人手不足や買い物弱者対策などの課題解決のため、早期の社会実装が期待されています。

配送ロボットを導入するメリットには、以下のものが挙げられます。

  • 配送ロボットは複数の依頼を同時に処理できるため、効率的な配送が可能
  • 物流業界での人手不足を緩和し、都市圏での配達員の負担を軽減

このロボットは、広い敷地内や観光地などで活用されており、将来的には、物流業界の配送を担うと期待されています。

医療ロボット

医療ロボットは、医療機器として使用される自律型のロボットです。

医師や看護師と協力して、手術支援、診断、治療、患者のモニタリングなどのタスクを実行します。

医療ロボットには、以下の特徴があります。

  • 高い精度で手術を実行でき、ヒューマンエラーを最小限に抑える
  • 微細な手術や内視鏡手術を行える
  • 疲れずに長時間の作業をこなす

医療ロボットは手術や診断などの専門的な医療タスクに使用されています。

受付ロボット

受付ロボットは、人間の代わりにお客様との対話や接客を担当するロボットです。AIや独自の接客プログラムを搭載しており、お客さまからの質問対応や商品案内、配膳など、さまざまな形での接客が可能です。

このロボットには、以下の特徴があります。

  • 人的ミスを減らし、業務の効率化を実現
  • 24時間稼働が可能であり、時間や人件費の削減にもつながる
  • 多言語対応や顔認証技術を導入することで、外国人観光客への対応やバリアフリーの改善を実現

受付ロボットは、来客を迎えるファッションブランドやホテルなどで、人型のデザインとおもてなし機能が重宝されています。一方、AI受付は、オフィスやビジネスセンター、大規模な施設で活用され、幅広い業務を効率的に処理してくれます。

警備ロボット

警備ロボットは、高機能カメラ、センサー、画像認識AIを搭載し、自律運転で警備を行うロボットです。

最新のロボット技術により、人間の警備員に近い判断力を持ち、警備業務を効率的に代行できるようになっています。このロボットは、入力されたプログラムに従って24時間365日安定した警備を提供し、人間の警備員では難しい長時間の監視も可能にします。

  • 高精度のカメラとセンサーを搭載し、周囲の状況を詳細に監視
  • 画像認識AIを利用して、倒れている人や不審者を識別し、異常な行動を検出したら即座に警報を発する
  • 高性能なセンサーで障害物や移動する物体を検知し、自律的に動く

警備ロボットは、主にショッピングモールやオフィスビル、工場や病院などで活用されることが多いです。

清掃ロボット

業務用清掃ロボットは、清掃箇所を学習し、障害物を避けながら自律清掃を行う高性能ロボットです。

このロボットは、毎日の清掃を自動で行い、業務効率を大幅に改善します。従業員の身体的負担を軽減し、業務時間の短縮にも貢献します。

24時間稼働が可能で、人件費と比較してコスト削減が期待できます。また、事務作業や育成が不要で、ボタンを押すだけで簡単に操作できます。さらに、ロボットは均一的に全面清掃を行うため、安定した高品質の清掃が可能です。

特に、オフィスビルやスーパーマーケット、飲食店、宿泊施設、医療機関、工場、小売店などで広く活用されています。これらの場所で、業務効率の向上、コスト削減、清掃品質の安定を実現します。

フィールドロボット

フィールドロボットは、屋外での作業や活動に特化している。このロボットは、特に以下のような現場で活躍します。

  • 農業
  • 災害対応
  • 建設
  • 監視
  • 移動など

主なフィールドロボットには、農地用ロボット、海上移動ロボット、レスキューロボットなどがあります。

これらのロボットを活用をするメリットには、以下のものが挙げられます。

  • 防水、防塵、耐候性が高いケースが多く、様々な環境で活用可能
  • 遠隔操作で操縦できるため、危険な環境や遠隔地での作業に最適
  • 農業、災害対応、監視、建設、探索など、さまざまな用途で活用できる

農業、災害対応、建設、監視などの屋外での作業に適したロボットであり、ドローンもフィールドロボットに含まれます。

産業用ロボットとサービスロボットの違い

サービスロボットと産業用ロボットの違い

ロボット技術はさまざまな分野で活用され、「産業用ロボット」と「サービスロボット」に大別されます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

産業用ロボットは、主に工場の製造現場で使用されます。自動車や電子機器の組み立て、加工、溶接、塗装など、製造ラインの一部を担い、高精度かつ高速で作業を行います。これらのロボットは特定の場所に設置され、プログラムによって正確な動作を繰り返します。多くの場合、移動は限られた範囲で行われますが、自動運搬車(AGV)など移動機能を持つものもあります。

一方、サービスロボットは、産業用ロボット以外の用途で使用されるロボットの総称です。屋内用としては家庭での掃除や介護、オフィスでの案内業務を行うロボットがあります。屋外用には農業用ロボットや配達ロボットなどが含まれます。また、業務用ロボットは病院やホテルなどで案内や運搬、清掃を行い、個人用ロボットは家庭内でのエンターテインメントや生活支援を目的としています。

産業用ロボットは製造業に特化しており、繰り返し作業や精密な作業を高速で行うために設計されています。一方、サービスロボットは日常生活や業務の中で人々の利便性を向上させるために設計され、多様な環境や用途に対応します。

サービスロボットを導入するメリットと課題

サービスロボットを導入するメリットは確かにありますが、導入する上で課題となる点も存在します。

それぞれを比較し、納得感のある導入を行いましょう。

メリット

サービスロボットを導入するメリットには、以下のものが挙げられます。

  • 労働力不足の解消
  • 生産性の工場
  • 顧客体験の向上

労働力不足の解消

サービスロボットは休むことなく動作し、人手不足を解消します。

このメリットのため、以下のような場面で活躍します。

  • 人が不足しがちな夜間や休日でも、警備ロボットは休まずに動作が可能
  • 非接触でホテルのチェックインを行うことで、感染症のリスクを減らしつつ、効率的なサービスを提供可能

生産性の向上

サービスロボットは作業が効率化できるため、同じ時間で多くのアウトプットを出せます

効率的、かつ安定的にアウトプットを出せるため、特に以下のような事例で活用されることが多いです。

  • 労働力不足が深刻な介護分野で、サービスロボットは介護補助や見守りとして活躍し、生産性を向上
  • 薬剤や検体などを正確に、迅速に搬送することで、医療スタッフの負担を軽減

顧客体験の向上

ロボットによるユニークなサービス提供は、顧客に新しい体験を提供し、満足度を向上させます。

そのため、以下のようなメリットを提供してくれます。

  • ロボットが顧客に対して商品情報を提供し、購買体験を向上
  • ロボットを活用したショーやアトラクションで、来場者に特別な体験を提供

導入の課題

一方で、サービスロボットを導入する上で、以下のような課題がよく挙がります。

  • 技術者不足
  • ユーザーのロボットリテラシー不足

技術者不足

サービスロボットの開発やメンテナンスには専門の技術者が必要ですが、技術者不足により多くの企業が課題に直面しています。具体的には、開発速度の遅延、メンテナンスの遅延、高コストの技術者採用、教育とトレーニングの必要性、技術の進化への対応が挙げられます。

これらのリスクに対処するため、企業は社内教育プログラムの強化、外部パートナーシップの活用、リモートメンテナンスと自動化の推進、技術者の待遇改善を行うことが重要です。これにより、技術者の確保と育成が促進され、サービスロボットの運用効率が向上します。

ユーザーのロボットリテラシー不足

ロボットを実際に活用するスタッフにも、ロボットリテラシーが求められます。

ロボットの操作や機能について十分な知識を持たない場合、企業は操作ミスやサポートコストの増加、ユーザーエクスペリエンスの低下、安全性の懸念などの課題に直面します。

このリスクに対処するには、以下のことを実施することでデメリットを軽減できます。

  • ロボット導入前後に教育プログラムを実施し、操作方法や機能の理解促進
  • オンライン講座や実地トレーニングを通じて、ユーザーに適切な知識を提供

6つの比較基準 | サービスロボットの選び方

サービスロボットの選び方

数あるサービスロボットの中で、導入するものに悩んだ場合は以下の指標に参考に選ぶことがおすすめです。

  • ロボットの機能
  • ロボットのサイズ
  • ロボットの処理能力
  • ロボットの稼働時間
  • ロボットのパワー
  • 通信機能

ロボットの機能

サービスロボットには様々なものがあるため、それぞれの機能や用途を最初に決めることで、比較すべきサービスロボットが決まります。

以下に、様々なサービスロボットの例とそれぞれの機能、適した用途をご紹介しますので、参考にしてみてください。

機能 活用場面例
配膳ロボット 注文された料理やドリンクを運搬 ホテル、レストラン
配送・運搬
ロボット
様々な荷物や商品を配送 物流拠点や小売店舗、
オフィスビルやマンションなど
医療ロボット 手術支援、診断、治療、
患者のモニタリングなど
病院、クリニック
受付ロボット お客様との対話や接客を担当 ホテルやオフィスビル、商業施設
警備ロボット 高機能カメラ、センサー、画像認識AIを搭載し、
自律運転で警備を行う
ショッピングモールやオフィスビル、工場など

ロボットのサイズ

ロボットのサイズは、その機能、適用範囲、操作性、コスト、および他の要素に影響を与えます。

それぞれのメリットを以下に記載しているので、用途に対して必要な機能やメリットが多いものを選ぶことがおすすめです。

ロボットのサイズが大きいメリット

  • 重い荷物の運搬や複雑な作業が可能
  • 安定して作業でき振動やバランスの問題が少ない
  • 多くのセンサーやアクチュエータを搭載可能で、多様なタスクをこなせる

ロボットのサイズが小さいのメリット

  • 狭いスペースで運用でき移動性が高い
  • 設計や製造のコストが低く手頃な価格で購入できる
  • エネルギー効率が良くバッテリー寿命が長いことがある

ロボットの処理能力

ロボットの処理能力が変動すると、以下のような要素が変わります。 一番大きく変わるのはマルチタスクの可否と価格です。処理したい作業にマルチタスクが求められるのか、そして確保できる予算を確認することで、貴社に適したサービスロボットを選ぶことがおすすめです。

ロボットの処理能力が高い場合のメリット

  • タスクを迅速に完了できるため生産性が高い
  • AIや機械学習などの高度な技術を活用できるため、より賢い意思決定が可能
  • 複数の作業を同時に行うことができ効率的な運用が可能

ロボットの処理能力が低い場合のメリット

  • 製造および運用コストが低く抑えられる
  • シンプルなタスクに特化しているため操作やメンテナンスが容易
  • 一般的にエネルギー効率が良い

ロボットの稼働時間

ロボットの稼働時間が変動すると、連続運転時間や充電回数、運用スケジュールが変わります。

ポイントは、何時間の連続運転が必要か、という点にあります。ロボットを何台も導入できるのであれば、ロボットの稼働時間が短くてもロボットの台数でカバーできます。

また、こまめに充電ができる場合、それほどロボットの稼働時間や充電容量は考慮する必要はないかもしれません。

一方で、少ない台数で長時間の稼働を求める場合は、稼働時間が長いロボットを選ぶことで効率的な運用が可能になります。

ロボットの稼働時間が長い場合のメリット

  • 人間の作業者に代わって長時間稼働できるため、生産性が向上
  • 長時間稼働することで人件費を削減でき、特に夜間や休日の作業に有効
  • 稼働時間が長いと運用スケジュールを柔軟に設定可能

ロボットの稼働時間が低い場合のメリット

  • 一般的に低コストで導入しやすい
  • 短時間稼働はエネルギー消費を抑えられる
  • 短時間稼働のロボットは使用頻度が低い
  • メンテナンスが比較的容易

ロボットのパワー

ロボットのパワーとは、一度に活用できるエネルギー量の大小に依存します。

パワーが強いロボットは、重量が重い荷物を運べたり、速い速度での移動が可能で、パワーが弱いと耐荷重が軽くなったり移動速度が遅くなったりします。

ロボットのパワーが高い場合のメリット

  • 重い物体を持ち上げたり、高い速度で移動したりできる
  • 高パワーのロボットは作業を迅速にこなすため、生産ラインでの生産性が向上
  • 幅広いタスクに対応できるため柔軟性がある

ロボットのパワーが低い場合のメリット

  • エネルギー効率が良く電力消費が少ない
  • 低コストで導入できるため予算に制約のある場合に採用しやすい

通信機能

通信機能に関する仕様が変動すると、ロボットの運用能力や対応範囲に大きな影響があります。

特に注意すべきポイントは、通信可能な範囲の広さやデータの送受信量です。この2つによって、サービスロボットの活用範囲と指示の複雑さが決まります。

通信機能が高い場合のメリット

  • 広い範囲での作業が可能
  • 大量のデータを迅速に送受信できるため複雑な指示や大規模なシステムとの連携がスムーズに活用できる
  • 遠隔地からの精密なコントロールが可能になり遠隔監視や遠隔支援が実現

通信機能が低い場合のメリット

  • 一般的にコストが低く抑えられる
  • 基本的な通信機能のみを持つロボットはセットアップや運用が簡単
  • 限られた通信機能を持つためセキュリティ管理が比較的容易

サービスロボットを製造するメーカー5社

サービスロボットを提供する会社

サービスロボットを製造する主なメーカーとして、以下の企業が挙げられます。

  • OrionStar Robotics
  • Pudu Robotics
  • ロボットバンク
  • Senxeed Robotics
  • エイム・テクノロジーズ

OrionStar Robotics

OrionStar Roboticsは、2016年9月に設立された先端的なサービスロボットソリューションを提供する企業です。AIロボット技術を駆使し、人々を繰り返し作業から解放し、生活と仕事をよりスマートにすることを目指しています。音声認識、画像識別、ナビゲーション、ビジュアルアルゴリズム、マルチチップシステムなど、全モジュールを自主開発する技術力を誇ります。

OrionStar Roboticsの強みは、以下の点にあります。
  • 総合的な技術力:音声認識、画像識別、ナビゲーションなど、最先端の技術を全て自社開発しており、ロボットの高い性能と信頼性を実現
  • 多様な製品ラインアップ:受付ロボットや配送ロボット、さらにはコーヒーを作るロボットなど、多種多様なロボットを開発
  • カスタマイズ可能なソリューション:顧客のニーズに応じて、ロボットの機能やデザインをカスタマイズ可能

Pudu Robotics

Pudu Roboticsは、商業サービスロボットの設計、研究開発、製造、販売に特化した国際的なハイテク企業です。

2016年に深センで設立され、現在は世界60か国以上で約70,000台を出荷しており、1,500以上の特許を持っています。

Pudu Roboticsのロボットは、ガスト、しゃぶ葉、バーミヤン、サイゼリヤ、焼肉の和民、日高屋、和食さとなどの飲食業界での導入が進んでいます。

ロボットバンク

ロボットバンクは、AIシステムの受託開発や導入コンサルティング、ロボットに関する研究開発、製造、販売事業を行っている企業です。

同社は、屋内用として配膳ロボット、受付ロボット、消毒ロボットなどのロボットを提供しているほか、屋外用ロボットとして農業用ロボットや災害対策ロボット、建設ロボット、移動ロボット、ドローンなども扱っています。

Senxeed Robotics

Senxeed Roboticsは、ロボットを活用したソリューションを開発・運営する企業で、2020年8月5日に設立されました。

インダストリーソリューション、ロボット導入コンサルティング支援、ロボット活用サービスの企画・開発・展開、ロボット向けアプリケーションの設計・開発、AI/IoT機器の企画・開発・販売などを行っています。

Senxeed Roboticsのロボットは、医療機関、観光案内所、物産センター、道の駅、ショールーム、ミュージアム、ホテル、小売店など、多岐にわたる業界で導入されています。

エイム・テクノロジーズ

エイム・テクノロジーズは、2019年9月に設立された企業である。AIロボット開発、ソリューション、スマートヘルス、ホテルサービス支援事業など、多岐にわたるテクノロジーを世界市場で展開しています。

エイム・テクノロジーズのロボットは、オフィスビル、医療・介護施設、ホテルなど、様々な業界で導入されている。例えば、オフィスビルではエレベーター連携を活用した自律走行を実現し、医療・介護施設ではサービス支援を提供しています。

まとめ

サービスロボットは、配膳ロボットをはじめ、配送・運搬ロボット、医療ロボット、受付ロボット、警備ロボットなど、多岐にわたる種類があります。それぞれが特定の業務を効率化し、人手不足の解消や顧客体験の向上に寄与しています。近年では、飲食店やホテル、医療・介護施設などでの導入が進んでおり、サービス業界全体でその需要が高まっています。

サービスロボットの導入を検討する際には、自店舗や施設の課題やニーズ、予算を考慮したうえで、以下のポイントを比較検討することが重要です。

特に、海外製ロボットの場合、代理店によって価格やサポート体制が異なることがありますので、慎重に確認することが必要です。また、導入コストがネックになる場合は、助成金や補助金の利用についても検討しましょう。これらのサービスを提供する企業に相談することで、よりスムーズに導入を進めることができます。

サービスロボットを効果的に活用することで、業務の効率化やサービス品質の向上を実現し、競争力を高めることができるでしょう。