製造業で活用できるeラーニングシステムのメリットと選び方、おすすめのシステム7選をご紹介
  • 最終更新日:2024年7月2日
eラーニングシステムは、製造業向けに専門的な技術系コンテンツを提供するものがあります。しかし、製造業の研修は非常に専門的であり、既存のコンテンツだけでは満足できない場合もあります。そこで、オリジナル教材を制作できるeラーニングシステムが有効です。

自社のニーズに合わせて研修内容をカスタマイズすることで、社員の学習意欲を高めることができます。本記事では、製造業向けのおすすめeラーニングシステムを徹底比較し、実際に導入した企業の成功事例も紹介します。人材育成を検討している企業の方々は、ぜひ参考にしてください。

製造業向けeラーニングシステムとは

製造業向けの研修システムの概要

製造業向けのeラーニングシステムは、パソコンやスマートフォンを利用してインターネット上で研修や教育を行うシステムです。

品質管理、安全管理、5S活動、在庫管理などの基礎教育から、AIやIoTといった先端技術に関する教育まで、幅広いコンテンツを提供します。また、受講者の管理や学習状況の確認機能も充実しており、従業員数の多い企業でも効率的に教育の進捗を把握することができます。

製造業における従来の教育や研修には、集合研修にかかる時間とコストが大きな問題でした。一律の教育内容では、従業員の個々のスキルや知識レベルに対応するのが難しく、大規模な企業では全従業員の学習進捗を一元管理することも困難でした。

製造業向けのeラーニングシステムは、これらの課題を解決します。インターネットを通じていつでも学習できるため、現場を離れることなく研修を受けられ、時間とコストの削減が可能です。また、個々のスキルレベルや進捗に応じたカスタマイズができ、より効果的な教育が実現します。

製造業でeラーニングシステムを導入するメリット

造業向け研修システムのメリット

製造業でeラーニングを導入するメリットには、以下の点が挙げられます。

  • 品質管理、安全教育を強化できる
  • 生産停止時など都合のよい時間に学べる
  • 外国人従業員への教育もスムーズ行える

品質管理、安全教育を強化できる

製造業向けeラーニングシステムの一つの大きなメリットは、クイズ機能やテスト機能を利用して、従業員の品質や安全手順に対する理解度を強化できることです。

これにより、テスト結果が低い場合には必要な補足教育を提供し、不足している知識や不適切な理解を補うことが可能です。システムは、個々の従業員の理解度を正確に把握し、適切なサポートを行うことで、教育の効果を最大限に引き出します。

このようなシステムを導入することで、企業は品質管理と安全管理の教育を強化することができます。その結果、不良品の削減や作業災害の予防につながり、企業全体の生産性と安全性が向上します。

従業員が正しい手順を理解し実践することで、製品の品質が向上し、顧客満足度の向上にも寄与します。また、事故やミスが減少することで、企業の信頼性が高まり、長期的な成長を支える基盤が築かれます。

生産停止時など都合のよい時間に学べる

製造業向けのeラーニングシステムの次のメリットは、従業員が生産停止時や都合の良い時間に学習を進められる点です。

eラーニングシステムは、インターネットを利用することで、場所や時間に縛られずに利用できるため、計画的な設備メンテナンスや予期せぬ生産停止時に活用できます。これにより、ダウンタイムを有効に使いながら、現場での従業員教育を進めることができます。

このような柔軟な学習環境を提供することで、製造業の生産性を損なうことなく、従業員が新しいスキルや知識を習得できます。結果として、設備が再稼働した際に業務効率が向上し、従業員はより高い生産性で仕事に取り組むことができます。

さらに、継続的な教育が行えるため、従業員の専門知識や技術が最新のものとなり、企業全体の競争力が強化されます。このシステムの導入により、無駄な時間を減らし、より効率的な教育と業務運営が可能となるのです。

外国人従業員への教育もスムーズ行える

製造業の現場では外国人従業員も多く働いており、彼らへの教育には言語の壁が課題となります。

eラーニングシステムは、多言語対応や翻訳機能を備えた製品が多く、外国人従業員にも分かりやすい形式で教育を提供できます。例えば、動画やアニメーションを使用することで、視覚的に情報を伝えやすく、言葉の壁を越えて効果的な教育が可能となります。

外国人従業員への教育がスムーズに行えることで、彼らのスキルや知識の向上が促進されます。結果として、現場でのコミュニケーションが改善され、業務の効率化や品質の向上が期待できます。

また、多文化な労働環境が形成されることで、企業のグローバルな競争力も高まります。eラーニングシステムの導入により、外国人従業員の教育が一貫して効果的に行われ、企業全体の生産性と品質の向上に貢献します。

5つの選定基準 | 製造業向けeラーニングシステムの選び方

製造業向け、メーカーに向いてる研修システム

eラーニングシステムには様々なものがあり、選ぶにも一苦労ですよね。このセクションでは、貴社に適切なeラーニングシステムを選ぶ上で鍵となるポイントを5点ご紹介します。

  • 収録されているコンテンツの内容
  • システムの使いやすさ
  • 独自教材の作成が可否
  • 多言語対応の有無
  • 料金

収録されているコンテンツの内容

製造業向けeラーニングシステムを選ぶ際には、収録されているコンテンツの内容を確認することが非常に重要です。

システムによって提供されるコンテンツの種類や質は異なります。自社が必要とする学習内容がしっかりと網羅されているかどうかを事前に確認することで、従業員に対して適切な教育を提供できます。特に、テキスト、音声、動画といった多様な形式のコンテンツに対応しているかも重要なポイントです。

適切なコンテンツを含むeラーニングシステムを選ぶことで、従業員の学習効果を最大化できます。以下のポイントが重要です。

  • 視覚的理解:動画コンテンツは視覚的に理解しやすく、多くの従業員にとって有効
  • 詳細な解説:テキストや音声による詳細な解説があることで、学習内容の定着度が高まる

システムの使いやすさ

製造業向けeラーニングシステムを選ぶ際には、受講者にとって使いやすいシステムかどうかを確認することが非常に重要です。操作性が良いシステムを選ぶことで、受講者はストレスなく学習を進められます。

直感的に操作できるユーザーインターフェース(UI)を備えたシステムは、受講者が必要なコンテンツにスムーズにアクセスでき、学習の効率を高めます。また、スマートフォンやタブレットでの利用が快適にできるシステムや、オフラインでも学習できる機能があると、受講者の利便性がさらに向上します。

使いやすいシステムを選ぶことで、受講者の学習ペースや学習意欲を維持しやすくなります。導入の際は、以下の点を確認しましょう。

  • 操作性の良さ:複雑で使いにくいシステムは学習の妨げとなり、学習効果が低下する可能性がある
  • モバイル対応とオフライン学習:いつでもどこでも学習できるため、学習の継続性が高まる

独自教材の作成の可否

製造業向けeラーニングシステムを選ぶ際には、独自の教材を制作できるかどうかを確認することが重要です。既存の教材だけでは、自社のニーズに完全に応えることが難しい場合があります。

そのため、オリジナルの動画やテストなど、自社に特化したコンテンツを制作できるシステムを選ぶことで、より効果的な教育が可能となります。特に、ベテラン社員から若手社員への業務引継ぎなど、企業固有のノウハウを伝える際に役立ちます。

独自の教材を制作できるシステムを導入することで、自社の企業風土や文化に合った教育プログラムを提供できます。導入の際は、以下の点を確認しましょう。

  • 実践的で有益な教育:従業員はより実践的で有益な教育を受けることができ、スキルの向上や知識の定着が促進
  • 企業特有のニーズ対応:企業特有の教育ニーズに対応することが難しくなり、教育効果が低下するリスクが上がる
  • 無料トライアルの活用:無料トライアル期間を利用して実際の使い勝手を確認可能

多言語対応の有無

製造業向けeラーニングシステムを選ぶ際には、多言語対応しているかをチェックすることが重要です。多くの製造業では外国人従業員も働いており、彼らが母国語で学習できる環境を整えることで、教育効果を高めることができます。eラーニングシステムによって対応している言語は異なるため、自社の外国人従業員が使う言語に対応しているかを事前に確認することが必要です。

多言語対応しているeラーニングシステムを導入することで、外国人従業員も母国語で学習でき、理解度が向上し、学習効果が最大化されます。導入の際は、以下の点を確認しましょう。

  • 教育の円滑化:外国人従業員の教育が円滑に進む
  • コミュニケーションの改善:現場でのコミュニケーションが改善され、全体の生産性が向上
  • グローバル競争力の向上:グローバルな競争力を高め、企業全体の成長を支える基盤を築ける

料金

製造業向けeラーニングシステムを選ぶ際には、初期費用や月額料金を詳細に比較することが重要です。eラーニングシステムの初期費用や月額料金は、サービスごとに異なります。

多機能なシステムほど初期費用や月額料金が高くなる傾向がありますが、必要以上の機能を搭載しても、効果的に活用できない可能性があります。そのため、まずは自社にとって必要な機能を明確にし、それに基づいて各サービスの料金を比較することが重要です。

メーカーにおけるeラーニングの導入事例

研修システムの活用事例

このセクションでは、実際にメーカーでeラーニングが導入された事例を3件ご紹介します。

技術者教育にeラーニングを活用した事例

工作機械の総合メーカーであるA社は、技術者教育の効率化に成功しました。

A社は、急速なIT化により新しい機械を使いこなす技術を従業員に習得させる必要がありました。従来の座学による講習では、技術変化のスピードに対応しきれず、教育が追いつかない状況でした。

この課題を解決するために、A社はeラーニングシステムを導入しました。このシステムには、受講者の理解度や学習進捗を把握できる機能が搭載されています。A社は、切削加工の基礎や工作機械操作の注意点、マシニングセンタやターニングセンタの基礎知識を学べるオリジナル講座を作成しました。

従業員は、わからない部分を何度も反復学習でき、実際の操作時にもタブレットをマニュアル代わりに使うことでミスを低減できるようになりました。

このように、A社はeラーニングシステムを活用することで、効率的な技術者育成に成功しました。従業員のスキル向上に寄与し、企業全体の競争力を強化しています。

総合的な研修にeラーニングを活用した事例

総合科学メーカーであるB社は、事務系・技術系問わず幅広い従業員に対応したeラーニングシステムを導入し、成功しました。

B社は、若手世代の価値観の多様化により、全員一律の教育ではなく、個々人に合わせた教育の必要性を感じていました。また、持続的な成長を目指すためには、社員が自律的にキャリアビジョンを考え、それを実現するために学べる環境を提供する必要がありました。

この課題を解決するために、B社は自社開発のeラーニングプラットフォームを導入しました。このプラットフォームは、社員が自身のニーズに応じて学べる幅広い学習コンテンツを提供しています。

導入前に実施した4ヵ月間のトライアルでは、日を追うごとに効果を実感する社員が増加しました。トライアル開始1ヵ月後のアンケートでは、個人の成果を実感したと回答した社員は30%台でしたが、3ヵ月後には49%に上昇しました。

B社の事例は、事務系・技術系を問わず全社員に対応できるeラーニングシステムの導入が効果的であることを示しています。これにより、社員の自律的な学習が促進され、企業全体の成長と競争力の強化につながりました。

製品開発にeラーニングを活用した事例

電気機器メーカーC社は、eラーニングを活用して社員のリスキリングを行い、新規事業の立案と製品開発に成功しています。

C社では持続的成長のために新規事業が必要とされていました。そのためには、社員のリスキリングと、部署全体で新規事業を立案できる風土の醸成が不可欠でした。特定の人だけでなく、部署全体が収益性の高い新規事業を立案できるようになることが重要でした。

C社はこの課題を解決するために、プログラム内容をカスタマイズできるeラーニングプラットフォームを導入しました。このプラットフォームでは、ビジネス思考やデザイン思考などの講座が提供されました。

社員の一人は「デザイン思考を身に着けたことで、ユーザーが求めていることを起点として機能を考えられるようになった。特に海外向け製品のユーザーインターフェース改善に役立った」と述べています。

C社の事例は、eラーニングを活用することで、社員のリスキリングと新規事業の立案が効果的に行えることを示しています。

製造業におすすめのeラーニングシステム7選

メーカー向けの研修システム一覧

特に製造業で活用しやすいeラーニングシステムには、以下のシステムが挙げられます。

  • AirCourse
  • Smart Boarding
  • Cloud Campus
  • Udemy Business
  • 学び~と
  • コガク
  • 富士通ラーニングメディア

AirCourse

KIYOラーニングが提供する「AirCourse」は、製造業向けのeラーニングシステムとして非常に優れた選択肢です。生産計画や在庫管理、品質管理、安全管理など、生産管理に関する基礎知識を網羅的に習得できるコースを提供しています。900コース以上、5,000本を超える動画研修があり、階層別やテーマ別に幅広い学習が可能です。

「AirCourse」の最大の特徴は、自社オリジナルのコースを誰でも簡単に作成・配信できる点です。スマートフォンで撮影した動画をアップロードし、簡単にオリジナルの教材を作成できます。

また、初期費用がかからず、月額200円/名から利用できるため、コストパフォーマンスに優れています。さらに、豊富なコースラインアップにより、従業員のスキルアップを効果的にサポートできるのも大きな魅力です。

Smart Boarding

FCEが提供する「Smart Boarding」は、製造業向けのeラーニングシステムとして非常に効果的な選択肢です。

このシステムは、新入社員教育から管理職育成、コンプライアンス研修まで幅広い内容をカバーしており、研修満足度が94%を超える高評価を得ています。動画学習だけでなく、ライブ型レッスンも受け放題で、多様な学習スタイルに対応しています。

「Smart Boarding」は、多機能なLMS(学習管理システム)を搭載しており、学習管理、テスト・レポートの作成、自社用コースの作成が可能です。ISOや労働災害、5S、リスクマネジメントなど、製造業向けの専門的なコンテンツが豊富に用意されています。

さらに、オンラインディスカッションや実践型トレーニングなど、受講者がアウトプットを行える機会も提供しているため、実践的なスキルの習得が促進されます。

Cloud Campus

サイバー大学が提供する「Cloud Campus」は、製造業向けにおすすめのeラーニングシステムです。このシステムは、スライドと動画を組み合わせて実務に直結したアニメーションコンテンツを作成できるのが特徴で、製造業への導入実績も豊富です。

月額固定制でユーザー数が無制限のため、従業員数の多い企業でもコストを抑えて利用することができます。

「Cloud Campus」は、ユーザー登録が無制限で定額制の料金体系を採用しており、予算を気にせずに多くの従業員が利用できます。研修の作成から履歴管理まで簡単に操作できるインターフェースを備えており、管理者にとっても使いやすいシステムです。

さらに、100種類以上のeラーニングコンテンツが見放題で、幅広い学習ニーズに対応しています。

Udemy Business

ベネッセコーポレーションが提供する「Udemy Business」は、製造業向けにおすすめのeラーニングシステムです。このサービスは、20万を超えるコンテンツから現場のニーズに合わせた講座を受講できるのが特徴です。製造業向けのコースだけでも100件以上のコンテンツが用意されており、幅広い学習ニーズに対応しています。

「Udemy Business」では、9,600以上の高品質でプロフェッショナルな講座が学び放題で、オンデマンド学習が可能なため、いつでもどこでもアクセスできます。これにより、従業員は自分のペースで学習を進めることができます。

また、学習状況を可視化する機能があり、正確なインサイトを提供することで、学習を促進します。

学び~と

エスエイティーティー(駿台グループ)が提供する「学び~と」は、製造業向けに特化したeラーニングシステムです。このシステムは、大阪大学大学院が監修した外国人労働者向けの「安全・危機管理教育」など、製造業に特化した厳選された10教材を提供しています。これにより、製造業の基礎教育を1つのソリューションで完結することができます。

「学び~と」の大きな特徴は、簡単にオリジナル教材を作成できる点です。動画を教材として活用したり、スライドに音声データを追加したりすることで、各工場のオペレーションや独自のプロセスを教育内容に取り入れることが可能です。

また、製造業の現場に特化したコンテンツにより、実務に直結した教育を提供することができます。さらに、外国人労働者向けの教育コンテンツが充実しているため、多国籍の従業員がいる現場でも効果的に学習を進められます。

Cogaku

Cogakuは、コガクが提供する製造業向けのeラーニングシステムです。製造業に特化したeラーニングとして知られており、これまでに100社以上の製造業で導入された実績があります。インターネット環境とパソコンやスマートフォンがあれば、どこでも受講可能なため、日本国内外の技術者育成に役立ちます。

Cogakuは、「機械工学基礎」や「設備保全の基礎」などの製造業の基礎知識から、中堅技術者向けの応用的な内容、さらにはIoTやAIといった最先端の知見まで、幅広い内容をカバーしています。

また、日本語だけでなく、英語、中国語、タイ語、ベトナム語に対応したプログラムも提供しており、多国籍の従業員がいる企業でも効果的に利用できます。

富士通ラーニングメディア

富士通ラーニングメディアは、富士通ラーニングメディアが提供するeラーニングシステムです。国内トップクラスの2,700講座を提供しており、製造業向けのコースも充実しています。

自社や従業員の課題に合わせて研修プログラムを自由に設計できるため、さまざまな学習ニーズに対応可能です。

富士通ラーニングメディアの特徴は、多彩な研修プログラムの提供にあります。「製造業業務研修 設計・生産準備パック」や「製造業業務研修 生販在計画」など、製造業に特化したコースが豊富に用意されており、基礎から応用・実践的な内容まで幅広くカバーしています。

また、プログラムは自社のニーズに合わせてカスタマイズできるため、特定の課題に対する学習を効率的に行うことができます。

まとめ

製造業向けのeラーニングシステムを導入する際には、専門性の高い技術コンテンツの提供や、オリジナル教材の作成が可能なシステムを選ぶことが重要です。また、多言語対応やコストパフォーマンスの良さも重要なポイントです。

機能面では、使いやすいユーザーインターフェースや、モバイル対応、オフライン学習機能の有無も考慮しましょう。さらに、従業員の学習進捗を正確に把握できるシステムを選ぶことで、教育の効果を最大化できます。

この記事で紹介したポイントを参考に、自社のニーズに最適なeラーニングシステムを選び、従業員のスキルアップと企業全体の生産性向上を目指しましょう。