製造業におすすめの販売管理システム5選
  • 最終更新日:2024年6月25日
製造業における人事総務管理の皆様、日々の業務効率化やヒューマンエラーの削減に苦労されていませんか?

本記事では、販売管理システムの基礎からそのメリット、選び方、そしておすすめのシステムまでを詳しく解説します。

販売管理システムは、複雑な業務をスムーズにし、正確さを高めるための強力なツールですが、自社に適したシステムを選ぶことが成功の鍵となります。

当記事を参考に、最適な販売管理システムを導入し、業務の効率化を実現しましょう。

販売管理システムとは?

販売管理システムの概要

販売管理システムは、製造業における受注、発注、入荷、出荷、請求、入金などの重要な業務を一元的に管理し、自動化するための支援ツールです。これにより、各業務の効率を大幅に向上させることができます。また、システムで集計されたデータは分析に利用でき、現在の状況の把握や将来的な発展の計画にも役立てることができます。

しかし、単にシステムを導入するだけでは効果は得られません。システム導入の目的が明確であることが重要です。例えば、情報共有の促進や業務の効率化、作業工程の改善など、導入後の具体的なビジョンが必要です。これがないと、システムは十分に活用されず、効果が得られない可能性があります。

製造業だけでなく、小売業など幅広い業種で利用されている販売管理システムですが、業種や企業ごとの商習慣、法令、支払いルールなどに対応するため、細かなカスタマイズも可能です。

製造業向けの販売管理には何が必要?

製造業の販売管理システムに必要な項目3つ

販売管理システムはさまざまな業界に対応できる汎用的なものが多いですが、特に製造業向けには以下の機能や要素を含むシステムがおすすめです。

  • 在庫管理や生産管理などの連携機能
  • 操作性の良さ

在庫管理や生産管理などの連携機能

製造業における販売管理システムでは、在庫管理や生産管理との連携が不可欠です。販売管理システムを選ぶ際には、在庫管理機能に加え、他の業務を効率化するための機能にも注目しましょう。

例えば、ロットごとの在庫管理、入出庫管理、セット商品の組立・解体管理、原価管理システムなど、製造業特有の機能が必要です。自社の業務フローを考慮して、必要な機能を洗い出してから製品を選ぶことが重要です。

操作性の良さ

どれほど多機能・高性能なシステムでも、現場で使いこなせなければ意味がありません。販売管理システムは、さまざまな従業員が利用することを考慮して、操作性がシンプルであることが求められます。画面の見やすさや分かりやすさは、入力ミスや操作ミスを防ぐためにも重要です。

そのため、経営陣だけで判断するのではなく、実際にシステムを使用する製造現場の意見も取り入れることが大切です。試用期間を設けているサービスもあるので、実際に利用してみるのも良い方法です。

製造業で販売管理システムを導入するメリット

製造業向けの販売管理システムの強み

製造業で販売管理システムを導入するメリットとして、以下の3点が挙げられます。

  • 人為的なミスを防げる
  • データ共有がスムーズ
  • 経営状況を可視化できる

人為的なミスを防げる

販売管理システムを導入することで、人為的なミスの発生を大幅に減らすことができます。手作業で販売、在庫、購買の管理を行う場合、どうしても記載漏れや計算ミスが発生しやすくなります。これらのミスは一度の影響が小さくても、積み重なると大きな損失を引き起こす可能性があります。

さらに、多くの販売管理システムには、異常なデータが入力された際に警告を発するアラート機能が搭載されています。この機能により、ミスを早期に発見し、対処することが可能です。

データ共有がスムーズ

販売管理システムを導入することで、業務に関わる全社員がデータをスムーズに共有できるようになります。

企業の規模が大きくなると、管理工程が分かれてしまうことが多く、データの共有が難しくなることがあります。これにより、販売や在庫、購買管理に滞りが生じると、様々な損失を招く可能性があります。

販売管理システムを使用してデータ共有を円滑に行うことで、仕入れから販売、再発注までの一連のサイクルにおけるリスクを軽減できます。システムにより、リアルタイムでのデータ共有が可能となり、各部門が最新の情報を基に迅速かつ適切な対応を行うことができるのです。

経営状況を可視化できる

販売管理システムを導入することで、経営状況を具体的に可視化することが可能になります。販売プロセス全体をシステムで管理することで、これまで曖昧だった部分が明確な数値として表れるようになります。数値化されることで、改善点やリスクが浮き彫りになり、的確なアプローチが可能になります。

特に売上に関しては、商品がお客様の手に渡り、対価が支払われることで初めて具体的な数値として確認できます。販売管理システムがなければ、各工程の報告を効率よく受けても、管理者がそれらを照らし合わせ、自分の感覚で問題点を見つけ出さなければなりません。これは非常に手間がかかり、限界があります。

販売管理システムを導入することで、情報の収集、数値化、分析を自動化し、現在の課題や改善点を明確に示してくれます。このような可視化は、経営判断を迅速かつ正確に行うための強力なツールとなるでしょう。

6つの比較基準 | 製造業向け販売管理システムの比較方法

販売管理システムを選ぶ方法

一口に製造業向けの販売管理システムと言っても、業態や企業規模などの要素で貴社に最適なものを選ぶ必要があります。

以下の6つの点を考慮して、貴社に最適な販売管理システムを選びましょう。

  • 在庫管理や生産管理など搭載機能の範囲
  • 必要な機能
  • 既存システムとの連携
  • システムの提供方法
  • サポート体制の手厚さ
  • カスタマイズの柔軟性

在庫管理や生産管理など搭載機能の範囲

製造業における販売管理システムを選ぶ際には、在庫管理や生産管理などの各管理業務と連携する機能が重要です。

例えば、ロットごとの在庫・入出庫管理やセット商品の組立・解体管理など、製品によって提供される機能はさまざまです。自社の業務フローに合わせて、必要な機能を洗い出してから製品を選ぶことが重要です。これにより、システムが業務に適合し、最大限の効果を発揮することができます。

必要な機能

自社の企業規模や業務範囲に合った機能を持つ販売管理システムを選ぶことは非常に重要です。

大規模企業や業務が多岐にわたる場合には、多様な機能を備えたシステムが求められます。一方、小規模企業や特定業務に特化した事業者には、シンプルでコスト効率の高いシステムが適しています。

まず、自社の販売管理システム導入の目的や対応したい業務範囲を明確にしましょう。これに基づいて、必要な機能をリストアップし、それを備えているシステムを選ぶことが大切です。

また、現在は小規模事業でも、将来的な事業拡大を見据えて、拡張性のあるシステムを選ぶことも考慮しましょう。

業務範囲や導入目的が不明確なままシステムを選ぶと、導入に失敗し、業務効率が低下する可能性があるため注意が必要です。

既存システムとの連携

販売管理システムを選定する際には、自社が既に使用しているシステムとの連携が可能かどうかを確認することが重要です。

既存システムと販売管理システムがスムーズに連携できれば、データの一元管理が実現し、業務の効率が向上します。

特に、在庫管理システム、CRMツール、会計管理ソフトなどの主要なシステムとの連携が取れるかを確認しましょう。

これらのシステムと連携が取れない場合、新しい販売管理システムの導入がかえって業務を煩雑にし、管理工数を増加させる恐れがあります。

そのため、販売管理システムを導入する前に、まず自社の既存システムを確認し、それらと連携可能なシステムを選ぶことが重要です。これにより、システム全体の整合性が保たれ、業務の効率化が図れます。

システムの提供方法

販売管理システムを選定する際には、自社が既に使用しているシステムとの連携が可能かどうかを確認することが重要です。既存システムと販売管理システムがスムーズに連携できれば、データの一元管理が実現し、業務の効率が向上します。

特に、在庫管理システム、CRMツール、会計管理ソフトなどの主要なシステムとの連携が取れるかを確認しましょう。これらのシステムと連携が取れない場合、新しい販売管理システムの導入がかえって業務を煩雑にし、管理工数を増加させる恐れがあります。

そのため、販売管理システムを導入する前に、まず自社の既存システムを確認し、それらと連携可能なシステムを選ぶことが重要です。これにより、システム全体の整合性が保たれ、業務の効率化が図れます。

サポート体制の手厚さ

販売管理システムを選ぶ際には、サポート体制の充実度も重要なポイントです。万が一操作方法がわからなくなったり、不具合が発生したりした場合に、迅速かつ的確な対応を受けられることが求められます。システムに不具合が発生しても迅速に復旧できなければ、業務全体に支障をきたす可能性があります。

サポート体制の充実度を確認するには、口コミやレビューなどの客観的な情報を参考にすることが効果的です。営業担当者の説明だけを鵜呑みにせず、実際のユーザーからの評価を集めて判断しましょう。これにより、信頼性の高いサポート体制を持つ販売管理システムを選ぶことができます。

カスタマイズの柔軟性

クラウド型の販売管理システムは導入コストを抑えられるメリットがありますが、導入後に企業の業務内容と合わないこともあります。

カスタマイズが可能な販売管理システムを選ぶことが重要です。カスタマイズが可能なシステムであれば、将来の課題や業務の変化にも対応できるため、システムを選定する際の重要なポイントとして考慮すべきです。

おすすめの販売管理システム5選

製造業におすすめな販売管理システム

製造業に必要な機能を持ち合わせた代表的な販売管理システムは、以下の5つです。それぞれ比較し、貴社に合うものを選定してください。

  • アラジンオフィス(アイル)
  • 弥生販売(弥生)
  • ExeQuint(センチュリーシステムズ)
  • 商蔵奉行クラウド(オービックビジネスコンサルタント)
  • 楽楽販売(ラクス)

アラジンオフィス(アイル)

アイルが提供する「アラジンオフィス」は、さまざまな業種に対応した在庫・販売・生産管理システムです。5,000社以上の導入実績を誇り、企業のニーズに沿った機能をワンパッケージで提供しています。

システムはカスタマイズなしでもすぐに利用できる環境が整っており、販売管理・在庫管理・購買管理の各工程において標準機能を備えています。これにより、出荷処理、売掛管理、販売分析、買掛管理といった作業が一つのシステム内で完結します。

アラジンオフィスは、BtoBおよびBtoCの両方に対応しているため、幅広い業種で利用できます。特に製造業向けの「製造・加工業向け販売管理・在庫管理システム」には、原価管理、粗利管理、進捗管理、トレース管理に対応する機能が搭載されています。また、部品表の取り込みが可能で、Webシステムを介して取引先に発注データや納期データを配信することもできます。

弥生販売(弥生)

弥生が提供する「弥生販売 24 ネットワーク」は、中小規模企業向けのデスクトップアプリケーションです。最大20拠点で同時利用が可能で、見積り・受注・売上から在庫管理まで、販売管理の基本的な業務をしっかりとカバーします。

このシステムは、さまざまなデータを集計・分析する機能を備えており、現状の把握や経営戦略の立案をサポートします。また、予算実績管理も簡単に行うことができます。

入力画面が見やすく、スタートアップガイドが用意されているため、操作方法を簡単に把握できる点も利点です。また、「あんしん保守サポート」に加入することで、バージョンアップ時には無償でアップデートが受けられるのも大きな魅力です。

ExeQuint(センチュリーシステムズ)

センチュリーシステムズが提供する「ExeQuint」は、見積り、受発注、在庫管理、請求、入金、買掛、支払といった幅広い業務に対応できる販売管理システムです。

このシステムは、業務に合わせて基本機能とオプション機能を柔軟に組み合わせることができ、無駄なく高いコストパフォーマンスを実現します。

特に魅力的なのは在庫管理機能です。ロット管理や賞味期限管理、入出荷予定管理、セット商品の組立・解体管理など、幅広い在庫管理ニーズに対応します。

さらに、経営情報支援機能を活用することで、さまざまなデータの可視化や分析が可能になり、経営判断の質を向上させることができます。

商蔵奉行クラウド(オービックビジネスコンサルタント)

オービックビジネスコンサルタントが提供する「商蔵奉行クラウド」は、サーバーレスでどこからでも利用できるクラウド型の販売管理システムです。データの共有が容易で、商品管理から滞留債権者管理まで、基本的な販売管理機能を網羅しています。

契約情報を登録することで、売上予定日に自動的に売上が計上されるため、サブスクリプションビジネスにも対応可能です。さらに、APIやCSVファイルを使用して、生産管理システムや会計システムとの連携もスムーズに行えます。

最短1日でデータ移行が可能で、導入から稼働までのサポート体制も充実しているため、迅速にシステムを導入したい場合でも安心です。また、業務単位で段階的に導入を進められる柔軟性も大きな魅力です。

楽楽販売(ラクス)

ラクスが提供する「楽楽販売」は、業務効率化に特化したクラウド型の販売管理システムです。このシステムは、販売管理業務を一元化することで、受注から出荷、在庫管理までのプロセスをスムーズに行えるよう設計されています。多機能なカスタマイズが可能で、企業の特定のニーズや業務フローに合わせた柔軟な対応が可能です。

楽楽販売は、ユーザーフレンドリーなインターフェースを持ち、誰でも簡単に操作できる点が特徴です。さらに、データのリアルタイム共有や分析機能も充実しており、経営判断をサポートします。クラウドベースであるため、インターネット接続さえあればどこからでもアクセスでき、リモートワーク環境にも対応しています。

導入から運用後まで、サポートチームが手厚い支援を提供してくれます。システム導入時のセットアップから、日常の運用におけるトラブルシューティングまで、プロフェッショナルが迅速に対応するため、安心して利用できます。

まとめ

本記事では、販売管理システムの概要からそのメリット、選び方、おすすめの販売管理システムについて紹介しました。

販売管理システムは、複雑な販売管理業務を効率化し、ヒューマンエラーの削減に寄与する強力なツールです。しかし、自社に適したシステムを選ばないと、かえって管理工数が増加するリスクもあります。

そのため、当記事で紹介した選び方を参考にし、自社のニーズに合った販売管理システムを選ぶことが重要です。