製造業でタレントマネジメントシステムを活用する3つのメリットとおすすめのシステム4選
  • 最終更新日:2024年7月2日
タレントマネジメントシステムは製造業の多くの課題を解決する強力なツールです。本記事では、製造業向けタレントマネジメントシステムの導入プロセスやメリットを具体的に解説します。人材育成や配置効率の向上、離職防止など、さまざまな側面から企業の成長を支援します。

さらに、製造業向けに特化したシステムの選定ポイントや成功事例も紹介。企業の人材管理を最適化し、競争力を高めるための実践的なステップを詳述します。タレントマネジメントシステムの導入を検討する方必見です。

タレントマネジメントシステムとは?8つの機能を解説

タレントマネジメントシステムの概要と機能

タレントマネジメントシステムには、大きく分けると以下の8つの機能が搭載されています。

  • 従業員の基本情報の登録
  • スキルと実績のデータ管理
  • コンピテンシー情報の管理
  • 配属管理と組織図の作成
  • 育成計画の策定と進捗管理
  • アンケートの実施と集計
  • 一定単位ごとの目標管理
  • データ分析とスコアリング

従業員の基本情報の登録

この機能は、従業員の住所や氏名、顔写真、所属部署、役職などの情報を登録できる最も基本的な機能です。多くのシステムでは、氏名と顔写真が並ぶインターフェースを採用しており、担当者が従業員を見分けやすく、管理しやすい設計になっています。

情報を一元管理することで、迅速かつ正確な人材管理が可能になります。次に、必要な情報を簡単に検索できるため、業務効率が向上します。さらに、全従業員の情報が一目で把握できるため、適切な人材配置や育成計画の策定にも役立ちます。

スキルと実績のデータ管理

スキルと実績のデータ管理機能は、従業員の基本情報に加え、行動特性、適性、保有資格、職歴などの詳細なデータを登録・管理する機能です。これにより、従業員情報の検索や不足しているスキルの洗い出し、適任者のサジェスト機能を利用できます。

スキルと実績のデータ管理をすることで、従業員のスキルギャップを把握し、適切な研修プログラムを策定できます。次に、人事異動や新規プロジェクトの際に、適任者を迅速に見つけることができます。さらに、各支店や部署でも情報を登録・閲覧できるため、全社的な人材管理が効率化され、組織全体のパフォーマンス向上に寄与します。

コンピテンシー情報の管理

コンピテンシー情報の管理は、高い業績を出す従業員に共通する行動特性や専門知識、スキル、思考の傾向などの情報を管理する機能です。システムには、ハイパフォーマーのコンピテンシーを抽出する機能が備わっており、自社の優れた人材モデルを作成するためのデータを提供します。

この機能がもたらすメリットは多岐にわたります。まず、コンピテンシーモデルを基に、理想的な人材と現状のギャップを明確化できるため、効果的な育成プランを策定できます。次に、従業員の能力向上を図ることで、組織全体のパフォーマンスが向上します。さらに、客観的なデータに基づいた人材評価が可能となり、公正な評価制度の構築に寄与します。

配属管理と組織図の作成

タレントマネジメントシステムには配属管理と組織図の作成があります。これは、各部門の従業員のスキルや評価、勤続年数、残業時間などをグラフ形式で可視化し、組織図の作成や配置転換のシミュレーションを行う機能です。

これにより、従業員の適正な配置と組織全体の効率的な運営が可能になります。

この機能がもたらすメリットは多岐にわたります。まず、適材適所の人材配置を迅速に行うことで、組織のパフォーマンスが向上します。次に、組織改編時にシミュレーションを行うことで、最適な組織構造を設計できます。さらに、後継者やリーダーの育成に役立つデータを蓄積し、将来の人材戦略を立案する際に活用できます。

育成計画の策定と進捗管理

この機能では収集した従業員データを基に不足しているスキルを特定し、個々の従業員に適した育成計画を策定が可能です。また、全体のパフォーマンス向上を目指して計画の実施と効果測定が行えます。

この機能がもたらすメリットは多岐にわたります。まず、従業員のスキルギャップを特定し、必要な研修プログラムを策定することで効率的な育成が可能です。

次に、進捗管理機能により、育成計画の実施状況をリアルタイムで把握できます。さらに、特定の資格や評価を基に人材を絞り込み、新規プロジェクトの立ち上げや人事異動において最適な人材配置を実現します。

アンケートの実施と集計

この機能では、登録された従業員データベースを活用してさまざまなアンケートを実施し、その結果を集計できます。例えば、従業員のエンゲージメントを測る調査や、研修の効果を確認するアンケートを簡単に行うことができます。多くのシステムでは、アンケートフォームをドラッグ&ドロップで作成できるため、手軽に導入できます。

この機能がもたらすメリットは多岐にわたります。まず、従業員の満足度やエンゲージメントを定期的に調査することで、改善点を見つけやすくなります。

次に、研修後のフィードバックを収集し、研修内容の効果を評価することができます。さらに、新しい施策の導入前に従業員の意見を聞くことで、より効果的な施策を策定でき、組織全体のパフォーマンス向上に寄与します。

一定単位ごとの目標管理

一定単位ごとの目標管理機能では、従業員がスキルや能力を向上させるための目標を細かい期間ごとに設定し、管理できる機能です。従来の手法では目標設定が曖昧だったり、設定自体がなかったりすることが多く見受けられました。このシステムでは、四半期単位や月単位、さらには全社目標や部門目標に応じて効果的に目標を設定できます。

この機能がもたらすメリットは多岐にわたります。まず、従業員一人ひとりの成長を促進し、組織全体のパフォーマンス向上を実現します。

次に、明確な目標設定と進捗管理により、目標達成のための具体的なアクションが明確になります。さらに、全社的な経営目標との整合性を保ちながら、各部門やチームの目標を効率的に管理できるため、組織全体の一体感が強まり、成果を最大化できます。

データ分析とスコアリング

この機能は、登録された従業員やスキル情報を基にデータの分析や可視化を行うものです。保有資格や評価、経験を参照したスコア付けや、アンケート結果の出力が可能で、多様な指標をグラフ化できます。これにより、全体の傾向や今後の予測を明確にしやすくなります。

この機能がもたらすメリットは多岐にわたります。まず、データを基にしたスコアリングで、従業員のパフォーマンスや潜在能力を客観的に評価できます。

次に、グラフ化されたデータを活用して人材配置や採用活動を最適化し、効率的な経営戦略を立案できます。さらに、企業全体を広い視野から分析することで、より多角的で戦略的な意思決定が可能になります。

製造業界の課題をタレントマネジメントシステムで解決できる3つの理由

タレントマネジメントシステム3つのメリット

製造業でタレントマネジメントを活用するメリットとして、以下の3つのポイントがあります。

人材育成の有効活用

タレントマネジメントシステムを導入することで、人材育成のプロセスを効果的に活性化できます。このシステムはスキル管理や研修管理などの機能を備えており、従業員のスキルや成長を一元的に把握しやすくなります。

目標管理機能により、成果目標や行動目標の進捗状況をリアルタイムで確認でき、迅速に必要なアクションを取ることが可能です。

従業員のスキルアップとキャリアアップが促進され、組織全体の生産性が向上します。従業員は自身の成長を実感しやすくなり、モチベーションが高まります。

人材データベースを活用して、公正な評価制度を構築することで、優れた人材の定着率が向上し、組織の競争力が高まります。

人材の配置効率の向上

タレントマネジメントシステムには組織図や人材配置機能、人材データ分析機能が搭載されており、配置シミュレーションが容易です。従業員の適性を把握し、適材適所の配置が可能になります。これにより、最適なポジションでの配置が実現し、従業員のパフォーマンスを最大化できます。

適切な配置により、従業員のモチベーションやエンゲージメントが向上し、生産性も向上します。従業員は自分の能力を最大限に発揮できる環境で働くことで、職務満足度が高まり、組織全体の効率性も向上します。

人材の離職防止

タレントマネジメントシステムは、人材の離職防止に大きく貢献します。このシステムには離職予兆の分析機能や離職リスクのスコア化、高リスク者へのアラート機能が搭載されており、従業員の離職リスクを早期に特定し、迅速にフォローすることが可能です。

これにより、従業員の定着率が向上し、組織全体の安定性が増します。さらに、ハイパフォーマーとローパフォーマーの分析や従業員サーベイを通じて、従業員のリアルな声を把握し、適切な対策を講じることで、職場の満足度も高まり、優秀な人材の長期的な定着が期待できます。

タレントマネジメントシステムを導入する6つのステップ

タレントマネジメントシステム導入の方法

タレントマネジメントシステムは、以下の6ステップで導入できます。

  • 人材管理の目的を明確化
  • 人材管理が担う製造業人材の範囲を設定
  • 人材情報の収集と可視化
  • 人材の再配置と育成
  • 人材の評価体制を改善
  • 施策のモニタリングと効果検証

人材管理の目的を明確化

タレントマネジメントシステムを導入する際、まず人材管理の目的を明確にすることが重要です。目的を明確にすることで、システムの利用方向性が決まり、効果的な人材育成や配置が可能となります。

例えば、製造現場全体のスキル向上を目指す場合、熟練従業員から新人までを対象にノウハウの共有を図ることが求められます。

目的が明確であればあるほど、タレントマネジメントシステムの効果が最大限に発揮されます。具体的な目的が定まることで、必要な機能やデータが明確になり、効率的なシステム運用が可能となります。これにより、人的資源の最適化が進み、組織全体の生産性が向上します。

人材管理が担う製造業人材の範囲を設定

タレントマネジメントシステムを導入する際、次に行うのは人材管理が担う人材の範囲を設定することです。例えば、「製造現場における熟練従業員から新人従業員までの全員」や「すでに活躍しているリーダー候補」などが対象となります。

このステップが重要なのは、適切な人材の範囲を設定することで、効果的な人材管理と育成が可能になるためです。

タレントマネジメントを行う人材の範囲が明確になることで、人材の情報を一元管理するデータベースを構築しやすくなり、経歴やスキルなどの情報を効率的に管理できます。これにより、組織の変化にも柔軟に対応できる体制が整います。

人材情報の収集と可視化

タレントマネジメントシステムを導入する際、人材情報の収集と可視化は重要なステップです。まず、関係者へのヒアリングを行い、従業員のスキルや経験、評価などの情報を収集します。ただし、情報の客観性を保つために、定性的な評価シートを活用し、ポジションや人間関係による偏りを避けることが重要です。

このステップが重要なのは、正確な人材情報が可視化されることで、適切な人材配置や育成計画が立てやすくなるためです。情報を一元管理することで、組織全体の人材状況をリアルタイムで把握でき、効果的なタレントマネジメントが実現します。また、個人情報の取り扱いには十分な注意が必要です。

人材の再配置と育成

タレントマネジメントシステムを導入する際、人材の再配置と育成は重要なステップです。収集した情報をもとに、従業員を適切な部署へ再配置します。再配置後は、タレントが最大限に能力を発揮できるよう、定期的な支援とフォローを行うことが必要です。

このステップが重要なのは、再配置により従業員の適性を最大限に活かすことができ、組織全体の効率と生産性が向上するためです。

さらに、コミュニケーションを通じて新たな改善点やデータのズレを把握し、関係部署と連携して次回以降の施策に反映させることで、持続的な人材育成が可能になります。

人材の評価体制を改善

タレントマネジメントシステムを導入する際、人材の評価体制を改善することが重要です。従来の評価体制が目標とする人材管理の指標として適していない場合、タレントの能力や成果を正しく評価できません。そのため、新たな評価基準を導入し、現状に適した評価体制へと見直す必要があります。

このステップが重要なのは、適切な評価体制を確立することで、従業員のモチベーションが向上し、タレントマネジメントの効果を最大限に引き出せるためです。公正な評価基準に基づく評価は、従業員の信頼を得て、組織全体のパフォーマンスを向上させることができます。

施策のモニタリングと効果検証

タレントマネジメントシステムを導入する際、施策のモニタリングと効果検証は欠かせません。再配置や育成の施策を実施した後、その効果を継続的に検証し、データを収集することが重要です。これにより、施策の成果を正確に把握し、必要に応じて迅速に改善策を講じることができます。

このステップが重要なのは、効果検証を通じて施策と目標のギャップを早期に発見し、適切な改善行動を取ることができるためです。PDCAサイクルを回し続けることで、設定した人材管理の目的を達成し、組織全体の人材マネジメントの精度を高めることができます。

製造業向けのタレントマネジメントシステム4選

製造業におすすめなタレントマネジメントシステム

特に、製造業で活用しやすいタレントマネジメントシステムには、以下の4つが挙げられます。

  • カオナビ
  • HRBrain
  • SmartHR
  • タレントパレット

カオナビ(カオナビ)

カオナビは、製造業向けに特化したタレントマネジメントシステムで、人事課題を解決するための強力なツールです。

本田技研工業や沖電気工業など、製造業をはじめとするさまざまな業界の企業に導入されています。シンプルで自由にカスタマイズできる人材データベースシステムは、使いやすさが大きな特徴です。

HRBrain(HRBrain)

HRBrainは、人事・労務業務の効率化や人材データの管理・分析ができるタレントマネジメントシステムです。

高砂電気工業や中国電機製造などの製造業をはじめ、卸売・小売、サービス、ITなど多様な業界の企業が利用しています。このシステムは人事業務の効率化を図ると同時に、人材データの集約と管理、データの分析・抽出機能を提供し、戦略的な人事施策の実行をサポートします。

SmartHR(SmartHR)

SmartHRは、人事・労務業務の効率化をメインに、人事データの一元管理、データの可視化・分析ができるタレントマネジメントシステムです。

三菱重工業やライオンなどの大手企業をはじめ、多くの製造関連企業で導入実績があります。入社手続きや雇用契約、文書の配布などの書類業務をペーパーレス化し、業務を大幅に効率化できる点が魅力です。

タレントパレット(プラスアルファ・コンサルティング)

タレントパレットは、人材データの一元化や分析によって組織力の最大化を支援するタレントマネジメントシステムです。ニチレイやデンソーなどの製造業をはじめ、さまざまな業界の企業が導入しています。

このシステムは、人材データの可視化をはじめ、人事評価の効率化や異動シミュレーション、育成、研修管理、健康管理、採用管理など、多機能な人事管理ツールを提供します。

タレントマネジメントシステム導入を成功させる2つのポイント

タレントマネジメントシステムの成功に必要な2つの点

タレントマネジメントシステムは、導入したら確実に成功するというわけではありません。特に以下の2点に注意しておく必要があります。

働き方改革との関連性

他の業界と同様に、製造業でも働き方改革が進んでいます。非効率的な働き方を改める風潮が強まり、ワーク・ライフ・バランスが重視されるようになりました。

そして、タレントマネジメントはこの変化を後押しできるものです。従業員への伝え方によっては、好ましい取り組みとして認識してもらえるでしょう。

例えば、各自の能力が最大限に発揮される人材配置により、各工程にかかる時間が短縮されます。

自分の業務が早く終わるだけでなく、前の工程の担当者が手間取ることもなくなるので、待ち時間が発生するリスクの軽減も可能です。製造のプロセスが円滑に進むようになるため、製造現場全体で残業の発生を抑制できます。

この事実を最初に伝えておくと、タレントマネジメントに興味を持つ従業員が増えやすいでしょう。

プライベートの時間を大切にしたいと考えている場合、積極的に賛成してもらえる可能性もあります。やみくもに周知するよりも、聞く耳を持ってもらえる見込みがあるのです。つまり、説明の負担が大きいというデメリットの対策になります。

また、実際に残業が減ることで、人件費などの支出を大幅にカットできるでしょう。こちらは、導入時にコストが発生するというデメリットの緩和に役立ちます。

フィードバックの有効利用

タレントマネジメントを導入しても安心するのはまだ早いです。すぐに期待どおりの効果が現れるとは限りません。むしろ、初期の頃は従業員も不慣れなので、質問が多く寄せられることも予想されます。よって、タレントマネジメントが社内に定着するまでは、人事部門に問い合わせ窓口を用意しましょう。

疑問点をすぐに解決できないと、システムに苦手意識を持って敬遠するようになりかねません。分かりやすいマニュアルも準備するなど、利用のハードルを下げるための配慮が必要です。

また、社内の状況をチェックしながら、運用の仕方を見直していくこともポイントです。製造現場でアンケートを実施し、従業員の率直な感想を把握すると、改善したほうが良い点も見えてきます。

管理職や経営層なども含め、いろいろな見地からのフィードバックを参考にしましょう。人材配置や人材育成などに関して、タレントマネジメントのメリットを活かす施策について考えやすくなります。

まとめ

タレントマネジメントシステムは、製造業が直面する課題を効果的に解決するための強力なツールです。

人材育成の促進、人材配置の最適化、離職防止など、多岐にわたるメリットを提供します。この記事では、システム導入のステップや選定ポイント、具体的な事例を通じて、タレントマネジメントの効果を最大限に引き出す方法を詳述しました。

タレントマネジメントシステムの導入を検討する企業は、この記事を参考に、効果的な人材管理を実現し、組織全体の生産性向上と競争力強化を目指しましょう。適切なシステムの選定と導入プロセスを踏むことで、長期的な成功を収めることが可能です。